無農薬里芋で秋の味覚!
里芋と秋鮭のしんじょう風

魚のすり身を大き目の団子状にした“しんじょう”は、伝統的な日本料理の1つですね。秋鮭のすり身のつなぎに九州野菜の里芋をゼイタクに使った逸品をご紹介します。

「里芋と秋鮭のしんじょう風」の作り方

2019.10.23

約30分

コメント

蒸した里芋はネットリ感があるので、料理のつなぎに重宝します。九州野菜の無農薬里芋は素晴らしい土壌で育ったため、味が濃厚でした。秋鮭の相性とも抜群ですよ!飾りに添えた春菊も一緒に送って頂いた九州野菜のものです。

[材料]3~4人分

里芋
6~7個
生鮭
大き目2切れ
小さじ1弱
春菊
2~3本
小さじ1/2弱(仕上げ用)

[作り方]

  • 1、里芋は皮ごと深めの耐熱皿に入れ、水100cc(分量外)とともに、500Wの電子レンジで11分加熱しておく。
  • 2、生鮭は、生の状態で、みじん切りにする要領で細かく身を切り刻んでおく。さらに包丁の背で切り身を縦横に叩いておく。
  • 3、大き目のボウルを用意し、皮をむいた里芋を入れ、ポテトマッシャーでよく潰してなめらかにしておく。
  • 4、3のボウルに2の鮭と塩小さじ1を入れてよく和え、5cm程のボール状に丸める。
  • 5、広めの鍋に高さ5cmほど水をはり、その中に、静かにボール状の4を入れる。弱火にかけ沸騰しないように見張り、途中、アクを取り除きながら15分静かに煮る。
  • 6、仕上げに塩小さじ1/2弱を入れ、ゆで汁の味を調整する。
  • 7、汁ごと器に盛り、春菊を添えてできあがり。
  • ※お好みで、醤油を数滴垂らしてもOKです。

スピナッチソテー

里芋の豆知識

10月の九州野菜セット

(今回お届けした10月の究極野菜セット ※イメージ)

里芋

(九州野菜-里芋)

里芋は生のまま皮をむくと、手が痒くなることがあるので、皮ごと茹で、熱いうちに皮をむくのがオススメです。九州野菜の里芋は質がいいので、蒸したての皮をむくのも簡単でした!

料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

■里芋の歴史
今は「芋」と言えば、じゃがいもを思い浮かべる人が多くなりましたが、それは明治以降のお話。それまで日本で芋と言えば、里芋のことでした。
里芋の原産地はインド東部と考えられていましたが、日本では縄文時代の土器から里芋が食べられていた形跡が残っており、日本にも野生種の里芋が存在していたようです。 里芋は日本の土壌によくあうため、栽培がさかんで、和菓子の材料としても用いられています。また、縁起のよい食べ物としてお節料理の食材としても欠かせません。

■里芋の特徴
一般に里芋として市場に出回っているものは「小芋」と呼ばれるものです。里芋はとても大きな親芋を中心に、その周りに小芋がなります。里芋には必ず切株のような跡がついていますが、それは親芋から切り離された時にできる傷跡だったのです。
お正月に出回る「京いも」も里芋の一種ですが、親芋から小芋が育たず、そのまま親芋が筍のような形に成長するので、「筍芋」とも呼ばれています。

■里芋の栄養など
里芋特有のネットリ感は「ガラクタン」というムコ多糖類によるものです。整腸作用の他、皮膚や鼻・のどなどの粘膜を健康に保つ働きがあります。そのため、ウイルスをブロックし、美肌にもよいと考えられています。
ビタミン類が少ないので、緑黄色野菜などと一緒に食べるとバランスがよくなるでしょう。里芋はイモ類に分類されますが、食物繊維が多く、他のイモのように血糖値の乱効下の心配は少ないでしょう。コレステロール値を下げる働きもあるようです。
トップページへ戻る