ニラの風味が天然スパイスに!
ツナ&ニラ饅頭

秋冬の香味野菜の1つ「ニラ」は、中華料理の隠し味やお鍋の名脇役として大活躍ですね。九州野菜のニラは、ことのほか香味が強く、ニラそのものが天然のスパイスとなり、シンプルなレシピにインパクトを与えてくれるでしょう。

「ツナ&ニラ饅頭」の作り方

2017.11.27

約20分

コメント

「ツナ&ニラ饅頭」の土台を支えてくれているのは、一緒に送っていただいた九州野菜のレンコンです。そして付け合せのサラダも九州野菜の山東菜、パプリカ、にんじん! 彩豊かな無農薬野菜の1プレートとなりました。

[材料]2人分(10個分)

ツナ缶
200g分
ニラ
1/2束(約50g)
片栗粉
大さじ1
卵黄
1ヶ分
小さじ1/4弱

つけあわせ野菜

レンコン
1節
山東菜
3~4枚
パプリカ
1/8個
にんじん
輪切り1cm分

その他

ごま油
大さじ1

お好みでポン酢や醤油など

[作り方]

  • 1、ニラを5mm程度のみじん切りにし、ボウルに[ツナ&ニラ饅頭]の他の材料と共に入れて、よく混ぜ合わせ、10等分に丸めておく。
  • ※カレースプーン1本ずつ両手に持って作業を行うと手が汚れません。
  • 2、レンコンは3mmほどの輪切りにし、10枚用意する。
  • 3、2のレンコンをフライパンに並べ、その上に1の[ツナ&ニラ饅頭]の具をレンコンの幅に合わせて乗せ、型崩れしないよう、スプーンの背などで具を押し、レンコンの穴に食い込ませる。
  • 4、3のフライパンに水50cc(分量外)をフライパンの隅から静かに流し入れ(具に水がかからないようご注意ください)、蓋をして5分ほど蒸す。
  • 5、一度蓋をあけ、ごま油を食材にかからないように入れる。
  • フライ返しを使って、レンコンの下にごま油がまわるようにし、今度は蓋なしで、3分ほど焼く。
  • 6、フライ返しで1個ずつ上下を返して、レンコンがついていない面も2分ほど焼いて火を止める
  • 7、山東菜は食べやすい大きさに手でちぎり、にんじんとパプリカは極薄くスライスする。
  • これらをツナ&ニラ饅頭と一緒に盛り付けて出来上がり。
  • ※お好みでポン酢や醤油をかけてお召し上がりください。
ツナ&ニラ饅頭

ニラの豆知識

11月の九州野菜セット

(今回お届けした11月の究極野菜セット ※イメージ)

ツナ&ニラ饅頭

(九州野菜-ニラ)

ニラはネギ属の野菜ですが、他のネギ類と違い、加熱しても香味がそのまま料理に残るので、素材の味が活かされますね。九州野菜のニラなら加熱後の香味もしっかりと味わえます!
料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

■ニラの歴史
ユリ科ネギ属の野菜で、中国やインド、東南アジアでは古くから栽培され、食されていました。
日本には、弥生時代には中国から伝わっており、平安時代の『古事記』にニラに関する記述があります。しかし昭和初期までは、薬草として食されており、一般家庭に普及しはじめたのは、戦後の高度成長期に入ってからだと考えられています。
ニラは冬の鍋物でよく使われるので、「冬の葉野菜」というイメージがありますが、本来の旬は3~4月辺りのようです。しかし年中、育ちやすいため、近年は多年草として扱われています。
■ニラの特徴
中国の漢方や、日本でも咳止めや冷え予防の薬として用いられていただけあって、殺菌作用や解毒作用に優れている野菜です。また生のニラの搾り汁は消炎作用もあるので、傷口の手当としても用いられていました。
ニラは濃い緑のものが一般に流通していますが、葉が黄色い「黄ニラ」や葉先の花まで食べる「花ニラ」など栽培地域によって特徴のあるニラがあります。
■ニラの栄養など
ニラは「スタミナ食」の食材としてもよく使われており「レバニラ」、「餃子」、「春まき」、「チジミ」など中華料理や韓国料理にも多くの伝統レシピが残されています。
スタミナ食材として使われる所以は、β-カロテンが豊富な緑黄色野菜であること。それに加え、ビタミンC、鉄、カルシウム、ビタミンB1などの栄養素が豊富であること。そして香味の成分となる硫化アリルやアリシンにも疲労回復作用や免疫力UPの作用があるからだと考えられています。
肉料理や魚介類と一緒に調理すると、ニラの栄養成分の吸収がさらによくなるでしょう。
トップページへ戻る