春先の栄養補給に!
    まるごと!ロメインレタスバーガー

    九州野菜のロメインレタスは色も鮮やかで、アツアツのグリルしたハンバーグをはさんでもビクともしない丈夫さ!味も濃厚でした。一般のロメインレタスは葉の密集度が少ないことも多いですが、九州野菜のロメインレタスは、レタスバーガーに最適なほど葉の密集度が高く、食べごたえも抜群でした! 

    ロメインレタスバーガー

    2016.4.15

    調理時間:約15分

    コメント

    ロメインレタスは葉がしっかりとしている上、加熱調理をしても、他のレタスのようにしんなりしすぎないのも特徴です。その特性を活かし、焼きたてのハンバーグや揚げ物、グリル野菜をサンドして、まるごとガッツリと「ロメインレタスバーガー」としていただいてみましょう。

    [材料]2個分

    ロメインレタス
    2株
    市販のハンバーグ(豆腐ハンバーグ、コロッケ、メンチカツなど)
    2個
    玉ねぎ
    1/2個個
    ミニトマト
    5~6個
    マヨネーズ、マスタード、ケチャップ、照り焼きソースなどお好みの調味料


    [作り方]

    • 1、ロメインレタスは、そのまま使用するので、葉は付け根から外さず、横半分にカットする。付け根から、少し葉を開いた状態で、土などを洗い流しておく。玉ねぎは極薄の千切りにしておく。ミニトマトは輪切りにしておく。
    • 2.ハンバーグをグリルしておく。
    • 3.ロメインレタスの葉を開き、中央の若菜が見える辺りに、ハンバーグ、玉ねぎ、ミニトマトの順で具を積み上げ、その都度、お好みの調味料を塗る。
    • 4.カットしたロメインレタスの上部の葉をお皿に敷き、その上に3のレタスバーガーを盛って出来上がり。

    ☆ロメインレタス自体をパンに見立てたレタスバーガーですが、付け根を残したまま具を挟むので、食べる時は両手でギュッとロメインレタスをしっかりと持って、ガブリと行きましょう! 中の具がこぼれて食べにくい場合は、ハンバーガーショップのように、クッキングペーパーで包んだり、ラップでくるむと食べやすくなります。ロメインレタスのシャキシャキとした歯ごたえとジューシーなハンバーグや一緒にサンドした野菜が一度に楽しめる逸品です。

    ロメインレタスバーガー

    ロメインレタスの豆知識

    4月の九州野菜セット

    (今回お届けした4月の究極野菜セット ※イメージ)

    ロメインレタス

    (九州野菜-ロメインレタス)

    4月に入ると九州野菜でも、濃いグリーンの野菜をお届けすることが多くなります。過ごしやすい陽気にもなるので、サラダなど生の野菜をバリバリと食べたくなる季節になりますね。
    その中でもシーザーサラダで一躍有名になったロメインレタスは、一般のレタスよりも栄養価が高く、葉もしっかりとしているので、食べごたえもあります。
    料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■ロメインレタスの歴史
    ロメインレタスは別名「コスレタス」や「チシャ」とも呼ばれているレタスで、一般のレタス同様、キク科の植物です。原産国はエーゲ海のコス島という説が有力で、そのまま名前になっています。また「ロメイン」は「ローマの」という意味があり、古代ローマ時代から既に栽培され、食されていました。そしてロメインレタスの代表料理「シーザーサラダ」は、古代ローマのヒーロー、ジュリアス・シーザーから名づけられた説と、1900年代のはじめに、アメリカに在住していた、イタリア系移民の料理人シーザー・カルディーニ氏の考案メニューという説があり、いずれにしても、歴史あるレタスと言えるでしょう。(諸説あり)その後アメリカで定着し、第二次世界大戦後は、日本でも老舗ホテルが定番メニューに取り入れたことから、全国でロメインレタス栽培が徐々に増えていったようです。人気サラダの「代表野菜」として世界中で愛される野菜の一つとなりました。
    ■ロメインレタスの特徴
    日本で一般に出回るレタスは「玉レタス」という品種です。他にもロメインレタスやサニーレタス、サラダ菜といった従来の品種に加え、近年品種改良が進んで登場したブーケレタスやフリルレタスなどもあります。一般に、レタスは葉がやわらかく、生食に向き、加熱すると水分が多いため、しんなりするのが特徴ですが、ロメインレタスに限っては、葉がしっかりとしており、加熱調理にも強く、丸ごとグリルして食べられることも多い品種です。またロメインレタスの若菜はベビーリーフとして他のレタス類と一緒に楽しまれています。
    ■ロメインレタスの栄養など
    玉レタスと比較すると、β-カロテン、ビタミンCやE、葉酸などの栄養素が倍以上含まれています。中でもβ-カロテンの含有量は100g中510μgもあり、緑黄色野菜の基準600μgには若干届きませんが、抗酸化作用や、体内の各器官や皮膚の粘膜を健康に保つ働きが期待できます。カリウムやカルシウムと言ったミネラルも含まれるので、季節の変わり目の体調不良の改善や予防にも良く、春先の栄養補給には理想的な野菜です。
    トップページへ戻る