疲労回復に!
    ほくほくデジマのクラムチャウダー

    クラムチャウダーとしてデジマと一緒に煮こんだニンジンやエリンギ茸も、九州野菜たちです!
    あさりからもスープ出汁が出ますが、エリンギ茸を入れると美味しいキノコ出汁もスープの基になるので、
    濃厚なクラムチャウダーとなりました。デジマもニンジンも皮ごと煮込みましたが、無農薬野菜ならではの安心感があってのこと。ほくほくのデジマも絶品でした。

    デジマのクラムチャウダー

    2016.3.12

    調理時間:約20分

    コメント

    欧米の家庭料理として親しまれているクラムチャウダーは、あさりなどの二枚貝と共に、ジャガイモ、タマネギなどを一緒に煮こんだ温かいメニュー。
    煮崩れしにくいデジマはクラムチャウダーにピッタリです。

    [材料]3~4人分

    デジマ(ジャガイモ)
    2個
    ニンジン
    小1本
    エリンギ茸
    1本 。
    あさり (殻を取り除いた剥きあさり)
    約150g
    白ワイン
    大さじ
    200cc
    小さじ1/2~1
    牛乳(豆乳)
    200cc
    水溶き片栗粉
    水・片栗粉 各大さじ1を混ぜ合わせておく
    オリーブオイル
    大さじ1
    ブラックペッパー
    適量
    パセリ
    みじん切り大さじ1(飾り用)

    [作り方]

    • 1.デジマ、ニンジン、エリンギ茸は、斜めの輪切りにしてから、短冊切りにしていく。剥きあさりは水で洗い、その後白ワインをかけておく。
    • 2.鍋に分量の水と1の野菜を入れて、中火で5分ほど煮込む。*必ず水から煮込んで下さい。
    • 3.2の鍋にあさりと塩を入れ、さらに10分ほど煮込む。
      *途中、アクをすくってください。
    • 4.火を弱火にし、牛乳を入れる。沸騰直前まで煮込んだら、水溶き片栗粉を入れて、静かに混ぜ、トロミが出てきたら火を止める。仕上げにオリーブオイルとブラックペッパーを入れて混ぜ合わせる。
    • 5、お皿に盛り、パセリをふりかけて、出来上がりです。

    • ☆あさりがスープ出汁となるので、調味料は最小限にして、素材の味を活かせるメニューです。
      お好みで、チーズを入れたり、余った分は、次の日にカレー粉を入れて、違うメニューにしたりと、いろんなバリエーションが楽しめます。

    デジマのクラムチャウダー

    デジマの豆知識

    3月の九州野菜セット

    (今回お届けした3月の究極野菜セット ※イメージ)

    デジマ

    (九州野菜-デジマ)

    ジャガイモと言えば、北海道など寒い地域の特産が多いですが、今回ご紹介する「デジマ」は南国育ちのジャガイモです。煮崩れしにくいので、煮込み料理に入れても溶けずにホクホク感がそのままお楽しみいただけます。
    料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■デジマの歴史
    ジャガイモ自体の原産地は南米のアンデス地方と考えられており、紀元前より食べられていました。日本には1600年代にオランダから長崎に伝わりましたが、当初は可憐な花が咲くことから観賞用として親しまれ、食用としては普及しませんでした。
    明治時代後期から北海道で本格的に栽培が始まり、洋食の普及と共に、全国的に栽培されるようになりました。
    「デジマ」は1971年に長崎で正式に品種登録され、長崎にちなんで「出島(デジマ)」と命名されました。
    ■デジマの特徴
    他のジャガイモと比べて皮が薄く、煮込んでも煮崩れしにくいのが特徴です。
    春先の収穫量が多いことから、"新じゃが"として売り出されることも多いようです。ジャガイモは品種によっては、煮込んだ後、黒く変色するものがありますが、デジマ種はその心配がありません。注意点としては、収穫後、生の状態で日光に当てると緑化しやすいので、常温保存する際は、日の当たらない冷暗所に保存するようにしましょう。ジャガイモの緑化は、芽の部分と同じく、ソラニンやチャコニンという毒性の物質になるので、緑化した場合は、その部分を完全に取り除いてから調理すれば問題はありません。
    ■デジマの栄養など
    一般的なジャガイモと同じく芋類の中ではビタミンCが比較的多く含まれます。
    ビタミンCは本来加熱に弱い栄養素ですが、ジャガイモの場合、加熱するとデンプン質が発生し、ビタミンCはその中に包み込まれるので、消失が少ない状態でいただけます。
    他にカリウムが豊富で疲労回復効果が期待できるでしょう。また近年、メタボリック・シンドロームを始め、脂質異常症や肥満対策にいいとされる成分「オモスチン」がジャガイモにも含まれていることがわかっており、ダイエット食品としても見直されています。
    しかし、フライドポテトなどの揚げ物は除外されます。
    トップページへ戻る