ベビーリーフの
    即席キムチ風サラダ

    ベビーリーフはサラダで使う野菜の種類を考えなくて済むので、よく買っていますが、こんなに高級で深い味わいのベビーリーフははじめていただきました!買いたくてもめったにお目にかかれない、茎の黄色いスイスチャード、茎が赤い水菜、ビーツの新芽など、珍しいお野菜たちに会えただけでも幸せ感を味わえるベビーリーフでした。彩に使ったニンジンも一緒に送って頂いたニンジンで、アクセントになりました。

    ベビーリーフの即席キムチ風サラダ

    2015.4.20

    調理時間:5分

    コメント

    高価で珍しい野菜の新芽がたっぷりと入った九州野菜さんのベビーリーフは調理してしまうのはもったいないので、なるべく素のままで頂くのが一番です!どこのご家庭でも使い道に困って余らせている調味料「七味唐辛子」や「一味唐辛子」を使った簡単ドレッシング、即席キムチ風サラダをご紹介します。

    [材料](1~2人分)

    ベビーリーフ
    1パック(約50g)
    ニンジンの極薄い千切り
    適量

    [調味料]

    おろしにんにく
    1カケ分※1
    七味唐辛子※2
    小さじ1/2
    甜菜糖(きび砂糖、黒砂糖など)
    小さじ1/2
    すり胡麻
    小さじ2
    ごま油
    小さじ1
    ふたつまみ

    ※1:チューブ入りの場合は小さじ1/2です。
    ※2:一味唐辛子など粉末の唐辛子系調味料でも大丈夫です。

    [作り方]

    • 1.ベビーリーフを洗って、よく水気を切っておく。彩としてニンジンを極薄くスライスしてから極細の千切りにしておく。
    • 2.大きめのボウルに[調味料]を全て入れて混ぜ合わせておく。
    • 3.2のボウルにベビーリーフとニンジンを入れてよく和えたら出来上がり。
    • ※生のシャッキリ感を味わいたい方は、できたてすぐをお召し上がりください。
    • ※少し時間をおいて寝かせると、しんなりとしたキムチ風味もお楽しみ頂けます。 お好みによって、食べ分けてください。
    ベビーリーフの即席キムチ風サラダ

    ベビーリーフの豆知識

    4月の九州野菜セット

    (今回お届けした4月の究極野菜セット ※イメージ)

    ベビーリーフ

    (九州野菜-ベビーリーフ)

    いろんな葉野菜やハーブの新芽を集めてミックスした「ベビーリーフ」。意外と「ベビーリーフ」という名の野菜だと思い込んでいらっしゃる方も多いようですが、1枚1枚、種類が違い、一口でいろんな野菜から栄養補給ができる万能素材。野菜を揃えなくてもいいので、付け合せやサラダにも便利ですよね。
    料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■「ベビーリーフ」の歴史
    ベビーリーフの発祥はイタリアと考えられています。イタリアでは春先はまだ野菜が育っていないので、様々な種類の葉野菜やハーブの新芽を積んでミックスし、野菜不足をしのいでいたのが始まり。年代はわかっていませんが、その後フランスのニースにも伝わり、7種類の野菜の新芽をミックスしていたようです。こうしてベビーリーフはイタリア料理やフランス料理に欠かせない存在となり、今や日本の食卓でもお馴染みになりましたね。日本ではまだ歴史は浅いですが近年、急速に栽培農家も増えており、ミックスする野菜も今後増えてくるようです。
    ■「ベビーリーフ」の特徴
    ベビーリーフは名前の通り葉野菜の赤ちゃん。特に、どんな野菜をミックスするのかという定義はなく、各国や、日本でも農家さんによって、組み合わせは様々です。葉野菜やハーブの新芽が発芽後20~40日の若葉を用いることが多く、無農薬ですぐに育つことから、ハウス栽培も多く、1年中、季節を問わず、出回っているのも魅力です。また珍しい野菜や高価な野菜の新芽をリーズナブルな価格で楽しめるのも魅力となり、日本の食卓でも欠かせないものになりました。一般のスーパーで手に入るベビーリーフは5~10種類のミックスが多く、ルッコラ、水菜、ほうれん草、デトロイト、レッドマスタード、ターサイなどの新芽が中心のようです。 しかし、九州野菜さんのベビーリーフは1パックでなんと20種類も!レッドコスレタス、サンチュ、ルッコラ、セルフィーユ、山東菜、サラダリーフ、マスタードグリーン、水菜、ほうれん草、ビーツ、レッドオーク、エンダイブ、サラダ菜、小松菜、スイスチャード、リーフチコリ、紫高菜、赤軸水菜、三池高菜、わさび菜というラインナップ!中にはスイスチャードやマスタードグリーンと言った、成長した野菜だとかなりの高級品となる野菜の新芽も入っており、かなりお値打ちのベビーリーフです。
    ■「ベビーリーフ」の栄養など
    数種類の野菜の新芽のミックスなので、もちろん、1枚1枚栄養価が違いますが、総じて、緑黄色野菜や葉野菜の新芽に多く含まれる「スルフォラファン」や「葉酸」の含有量が高いでしょう。「スルフォラファン」はがん予防効果で注目の成分で、強い抗酸化力が期待でき、体内に留まった毒素排出が期待できます。またこれから紫外線の強い季節になるので、直射日光による活性酸素の増加や、日焼けからお肌を守る効果も期待できそうです。「葉酸」はビタミンB群の仲間で、赤血球の形成や成熟の働きがあり、私たちの血液を作るお手伝いをする大切な栄養素です。また生体の形成や発育の正常化にも必要となる栄養素なので、特に妊婦さんや成長期のお子様には欠かせない栄養素です。これから暑い季節に向かうと、貧血が懸念されますが、その予防にも期待できるでしょう。
    トップページへ戻る