形と生の成分を活かした話題のレシピでムクミ対策
    「UFOズッキーニ」のフレーバーウォーター

    水溶性の食物繊維やカリウム、ミネラルが溶け出して、上質の文字通りミネラルたっぷりの「ミネラルウォーター」になります。九州野菜さんの野菜なら無農薬なので、生のまま漬け込む話題の「フレーバーウォーター」にはピッタリ!一般のズッキーニやキュウリで作るよりも「コクのある蒸留水を飲んでいる!」と実感できる、極上のフレーバーウォーターに仕上がりました!

    ズッキーニとキュウリのフレーバーウォーターの作り方

    2014.07.11

    約5分(寝かせる時間を省く)

    コメント

    ズッキーニはお料理で大量に使うことはないので、余りがちですよね。そんな時は輪切りにして話題のフレーバーウォーターで頂きましょう。九州野菜のUFOズッキーニなら可愛いらしい形もそのまま楽しめますね。一緒に送って頂いた、カットするとハート型と星型になるキュウリも一緒に漬け込みました。

    [材料](1?分)

    UFOズッキーニ
    1/2個
    ハート型きゅうり
    1/2本
    星型きゅうり
    1/2本
    レモンの輪切り
    2~3枚(2~3mmの厚さ)
    ミネラルウォーター
    1?

    [作り方]

    • 1.1?用のピッチャーを用意し、熱湯消毒後、ミネラルウォーターを注ぎます。
    • 2.輪切りにしたUFOズッキーニとキュウリ、レモンを入れて蓋をし、冷蔵庫で1晩以上寝かせるだけで出来上がり!
    • ※レモンは素材の色止めと腐敗防止に必ず入れてください。レモンの代わりにお酢を小さじ1/2程度入れてもOKです。
    「UFOズッキーニ」を使った話題のフレーバーウォーター

    ズッキーニの豆知識

    7月の九州野菜セット 九州野菜新ズッキーニ

    梅雨が明けると気温が上昇して、いよいよ夏本番!そこで気になるのが熱中症対策の水分補給。しかし水分のとりすぎはムクミの原因にもなるので加減が難しいですよね。そんな悩みはウリ科の野菜「ズッキーニ」で解消できるでしょう。

    料理に使用した野菜はこちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■ズッキーニの特徴
    ズッキーニの原産地は諸説がありますが、北アメリカからメキシコ地方と言われています。特にイタリアで好まれて使われる野菜で「ズッキーニ」という名はイタリア語で「小さい南瓜」という意味になるそうです。
    一般に出回っているズッキーニは細長くキュウリと似た形をしていますが、同じウリ科でもズッキーニは“カボチャ属”に分類されます。(キュウリはウリ科キュウリ属)ズッキーニには様々な色や形があり、一般の緑のものの他に同じく細長い形の黄色や白いもの、そして南瓜と似た形の直径10cmほどの丸ズッキーニ、UFOズッキーニなどがあります。南瓜と違い、果皮も果肉も柔らかく、生でも食べやすいのが特徴です。
    ■ムクミ対策に
    ズッキーニの栄養価はキュウリと非常に似ており、約90%が水分だと言われています。その豊富な水分の中には利尿効果が期待できる「カリウム」や「イソクエルシトリン」が含まれます。体に必要な水分を補いながらムクミ対策をしてくれるので、夏の健康には理想的な野菜と言えるでしょう。
    ■糖質オフやダイエットにもオススメ
    同じカボチャ属の南瓜類は加熱すると炭水化物に変わりますが、ズッキーニは加熱しても茄子と似た食感になり、炭水化物は微量しか含まれないため、ダイエットや糖質オフの食事制限でも安心して頂けます。
    茄子と違い、煮込み料理に入れても煮崩れしにくいことから、イタリア料理ではミネストローネなどの煮込みスープによく使われています。また糖質や脂質の代謝を助ける「モリブデン」というミネラルも入っており、ダイエットには適しているでしょう。
    トップページへ戻る