アントシアニンも摂れるレタスで抗酸化力アップ!
    「フリルレタス」と彩野菜のグリル温玉乗せ

    フリルレタスは葉がなよなよとしているイメージでしたが、九州野菜さんのフリルレタスは焼いても、しんなりしすぎず葉が丈夫でした!一緒にグリルしたジャガイモは塩をつけなくても味がしっかりしていましたし、ニンニクも口臭が気にならず、スナック菓子のように美味でした。新たまねぎや蕪は焼くと一層甘く、絹さやは焼いてもシャキシャキ感が残り、肉厚でした。

    フリルレタスと彩野菜のグリル温玉乗せの作り方

    2014.05.16

    調理時間 約15分

    コメント

    バターとオリーブオイルの風味だけで野菜の美味しさが引き出せるので、調味料は塩コショウで整える程度でOK。日頃買っているスーパーの野菜だと調味料に頼るお料理になりますが、無農薬野菜ならではの濃厚な野菜グリルが楽しめますよ。
    レタスはグリルすると甘味がまし、量もたくさん頂けます。お好みで、ピザ用チーズと共にグリルしても美味しいでしょう。

    [材料](2人分目安)

    フリルレタス
    1株
    ジャガイモ
    1個
    かぶ
    1/2個
    絹さや
    6枚
    ニンニク
    2カケ
    新たまねぎ
    1/4個
    しめじ
    2つかみ
    温泉卵
    2個
    オリーブオイル
    大さじ1ほど
    本バター
    20gほど
    塩・こしょう
    適量

    [作り方]

    • 1.フリルレタスは縦半分にカットしておく。ジャガイモは縦4等分の輪切りに、新たまねぎとかぶは、くし型切りに、しめじ食べやすい大きさに石突から離しておく。
    • 2.冷たいままのフライパンにオリーブオイルとニンニク2カケを入れて弱火をつけ、ニンニクから香りが出てきたら、フリルレタス以外の野菜を並べて蓋をし、中火で両面2~3分ずつこんがり焼いておく。本バターを10gほど入れて火を止め、余熱でバターが溶けて、野菜全体に行き渡ったら、お皿に並べておく。
    • 3.2のフライパンが熱いうちに、フリルレタスのカットした面を下にして中火で2分ほどグリルする。焦げ目が軽くついたら、残りのバターを入れて火を止め、余熱で、全体に行き渡らせる。フリルレタスは片面のみ焼いてください。
      ※両面焼くと、焼きすぎで縮んでしまい、水っぽくなるのでご注意ください。
    • 4.2のお皿にグリルしたフリルレタスもそえ、温泉卵をトッピングして塩・コショウで味を調えてお召し上がりください。
      ※付け合わせに一緒にグリルした野菜も全て九州野菜さんのものです。
    フリルレタスと彩野菜のグリル温玉乗せ

    九州野菜スタッフのつくれぽ!

    調理風景

    今回は野菜のグリルという野菜の旨味を生かしたレシピということですが、スーパーで購入した野菜で調理するとどんな味になるのでしょう…。少々不安を感じつつもチャレンジしてみました。
    調理方法は、野菜をカットして焼くだけなのでとっても簡単。下準備に少し時間がかかりましたが、味付けもオリーブオイル、バター、仕上げの塩とこしょうのみ。
    完成品は九州野菜とは違い、絹さやが色味を失って多少見栄えしない印象になってしまいました。味も、同じく…。ただ、サラダにするよりは量を食べられるので、手っ取り早く栄養を採りたい時によいのではないでしょうか。

    リーフレタスの豆知識

    九州野菜セット 九州野菜新たまねぎ

    葉先に紫色の部分もあり、全体に緑の濃い色が特徴の「リーフレタス」。通常の淡いグリーンのレタスと違いリーフレタスは緑色が濃いので「緑黄色野菜」になるため、栄養価が高いのも嬉しいですね。
    生でサラダにするのも良いですが、カロテンが豊富なので、グリルにしてオイル分と一緒に摂取すると栄養価も増しますよ。

    料理に使用した野菜はこちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■リーフレタスの特徴
    別名「サニーレタス」とも呼ばれるレタスで、濃い緑色と、葉先は濃い紫色も交じり、抗酸化力で知られるアントシアニンも含まれます。色の濃い野菜のためカロテンが豊富でレタスなのに「緑黄色野菜」の仲間入り!カロテンは油分と一緒に摂ると、体に吸収されやすくなり、日焼けによるシミや、活性酸素の除去に役立つ抗酸化力がUPします。
    ■ビタミンACEが揃う万能野菜
    カロテンは体内に入るとビタミンAに変わり、他にビタミンCやEも含まれるので、美容のビタミンACE(エース)の3つが揃います。このビタミンACEは、肌や各器官の粘膜を丈夫にしてくれるので、健康維持や美肌キープ、そして日焼け対策にも役立ちます。
    ■ムクミ対策にも!
    カリウムが豊富で、疲労回復効果や利尿作用に期待できるので、ムクミ対策に嬉しい野菜です。今や女性の3人に1人は余分な水分を体に溜め込んでいる「ムクミ体質」と言われているので、顔や、手足のムクミは、レタス摂取でしっかりと改善しておきましょう。
    トップページへ戻る