ほっこりと体が温まる!
    「マッシュルーム」のポタージュスープ

    九州野菜さんのマッシュルームはブラウン種で味も格別に濃厚でした。一緒に入れたごぼうやポタージュスープのベースとなる玉ねぎも、飾り用のオクラも九州野菜さんのものでした。
    一般のスーパーで購入した野菜で本格スープを作ると、塩加減を多めにしたり、場合によっては固形ブイヨンの味に頼るところですが、九州野菜さんの野菜だと、塩分も最小限で済み、野菜本来の味が楽しめ、後味まで余韻が楽しめました!

    マッシュルームのポタージュスープの作り方

    2014.10.27

    約20分

    コメント

    秋冬シーズンの代表野菜ごぼうと共に作るポタージュスープはマッシュルームとごぼう、両方の味が旨みとなり、自宅にいながら高級感が味わえるスープです。調味料は塩だけ!ベースに玉ねぎ、にんにく、生姜を入れれば、固形ブイヨンの力を借りなくても濃厚な味わいになりますよ。

    [材料](3~4人分)

    マッシュルーム
    100g
    ごぼう
    100g
    玉ねぎ
    1/4個
    にんにく
    1カケ
    生姜
    10g
    小さじ1/4
    200cc
    牛乳(豆乳)
    200cc
    オクラ(飾り用)
    1本

    [作り方]

    • 1.ごぼうは皮を剥いて乱切りにし、酢水に5分ほどつけておく。(分量外:15cmほどのボウルに水を張り酢/大さじ)その間に、マッシュルームを縦半分にカットし、玉ねぎ1/4はあら微塵にカット、ニンニクとショウガはみじん切りにしておく。
    • 2.お鍋に1のカットした野菜すべてと塩を入れて水200ccを入れて蓋をし、中火で10分煮込む。
    • 3.2のお鍋の表面を冷水につけるなどして粗熱を取り、ミキサーに2を入れてなめらかになるまでかき混ぜる。(沸騰してすぐの状態でミキサーに入れないでください)
    • 4.3を2のお鍋に戻し、牛乳(豆乳)200ccを入れて、沸騰直前まで温めて出来上がり。
    • ※お好みで輪切りに薄くスライスしたオクラなどを添えてください。
    • ※さらになめらかにしたい場合は、4のスープをザルなどで濾してからお召し上がりください。
    マッシュルームのポタージュスープ

    マッシュルームの豆知識

    10月の九州野菜セット

    (今回お届けした10月の究極野菜セット)

    九州野菜マッシュルーム

    (九州野菜-マッシュルーム)

    秋はキノコが旬を迎える、一番種類の多い時期ですね。普段は缶詰のマッシュルームで済ましていても、この時期なら本物のマッシュルームが堪能できる、魅力的な時期でもあります。
    マッシュルームは加熱してスープにすると濃厚で上品なコクが出ます。自宅にいながら高級レストランで頂くようなスープが堪能できますよ。
    料理に使用した野菜は、こちらから購入できます↓ 究極野菜

    ■マッシュルームの歴史
    古代ギリシャ、古代ローマ時代から自然発生していた古い食用キノコ。17世紀にフランスで本格的に栽培されるようになり、ヨーロッパではなくてはならない食材となりました。フランスでは白いマッシュルームが主流ですが、日本では“ホワイトマッシュルーム”と“ブラウンマッシュルーム”の2種が市場に並び、缶詰では主に、ブラウンマッシュルームが使われています。
    日本には明治初期の欧米文化が取り入れられた頃に試験的に栽培が始まりましたが、普及せず、大正時代末にようやく高級ホテルや高級レストランでの洋食に使われるようになりました。
    ■マッシュルームの種類
    マッシュルームは先述のように、ホワイト種とブラウン種に大別されますが、この2つと共に生鮮食品として流通しているオフホワイト種もあります。またクリーム色の品種もありますが、これは栽培環境の湿度が低いとクリーム色になる傾向があり、レトルト食品や冷凍食品用の食材として用いられているようです。
    ブラウン種は主に缶詰用に用いられていましたが、肉質が緻密で傷みにくいことから、生鮮食品としても流通されるようになったようです。色による栄養価の違いはほとんどありませんが、見た目の彩にはホワイト種、味の濃厚さにはブラウン種が好まれて使用されているようです。
    ■マッシュルームの栄養価
    マッシュルームは成長する過程で、ビタミンB群を必要とするので、豊富に含まれています。ビタミンB群は体内の糖質を代謝する際にも必要な栄養素なので、ダイエット食としても注目されています。また“エリタデニン”という特殊な成分が含まれており、コレステロールを低下する作用が期待できることから、動脈硬化など、血管の疾患予防食にも良いとされています。血流が良くなるので、肩こりや頭痛、冷え、顔色が悪いなど、血流の悪さからくる不調の改善にも期待できるでしょう。
    トップページへ戻る