有機肥料(オーガニック)28年産!宗像の有機栽培の玄米ミネラルたっぷりの山の天然水で育ちました

九州産!28年産!旨味が凝縮された出来立ての玄米を産地直送します

九州産

平成28年10月収穫の

九州産!28年の玄米-九州産宗像の元気つくし(減農薬)5kg、10kg、20kg、30kg

平成28年産の玄米販売スタートです!
お米を作り続けて30年のベテラン農家!瀧口玉代さんが大切に育てた「元気つくし」。
2015年10月に九州の宗像市で収穫された「宗像の元気つくし」はもちもちとした食感で冷めても美味しいと評判のお米。お弁当などにも最適です。
kyushu-yasai基準」を目指して有機肥料で育てました。
こだわりの7分熟成(お米が一番おいしいと言われている熟成度)で収穫。一番美味しい状態でのお届けになりますので、楽しみにお待ちください。

こだわり安心と美味しさを育てる有機肥料栽培

自然に近い状態で栽培すること。農薬を極力使わないこと。など、美味しいお米を安心して食べてもらえるように様々な工夫をしています。
種もみ(稲の穂からとった実を稲の種にする作業)をする際にも一般的には消毒する為に農薬を使用しますが、瀧口さんは農薬を使用せず温湯で一つ一つ丁寧に洗います。
虫の防除は、生き物の調査を行い、大繁殖した時のみにしか行いません。

この様な取り組みは瀧口さんの田んぼがある地域全体で取り組むように努力しており、第15回環境保全型農業推進コンクールにおいて、地域の発展に貢献した功績が認められ、瀧口さんが栽培している地域で農林水産大臣賞を受賞しています。

除草剤不使用(減農薬) 有機栽培の玄米元気つくし

こだわり一番美味しい時期の収穫!それが「7分熟成」です

「完熟」と聞くとすごく美味しいように聞こえますが、お米の一番おいしい時期は実は「7分熟成」なんです。
7分熟成の時に刈り取りをすると美味しいお米がとれるのですが、完熟時の刈り取りよりも収穫量が約5~7%落ちてしまいます。その為、多くの農家さんが完熟するまで刈り取りをしません。
完熟した米は胴割れや着色が始まり、一般的に等級が低くなる傾向にあります。
右の写真を見てみると所々に緑のお米が混じってます。白米にしてしまうと全く分からなくなってしまうのですが、実はこれがお米が一番美味しく食べれる7分熟成の証しなんです。

減農薬栽培の玄米にある緑の粒は美味しい7分熟成の証し

こだわり美味しいお米が出来る田んぼ

宗像大社で有名な福岡県宗像市の山の麓で大切に育成された有機米。
私達のお米は宗像市の山から湧き出るミネラルが豊富な天然水で育てられています。
初夏には蛍が舞うほどの豊かな環境で、植物はみんな生き生きとしています。
そんな素敵な土地でお米栽培を行っている農家の「瀧口玉代さん」より、大切に育てた大事なお米を分けて頂きました。
宗像市で栽培すると美味しいお米が出来るため、福岡市の農家さんがわざわざ宗像の田んぼを買ったり、借りに来たりすることもあるそうです。
そのまま食べてみると他のお米との違いが分かります。是非、一度、本物のお米の味をお試しください。

九州宗像市で育てたの減農薬の玄米

何度でも食べたくなる驚きの味わい!

一粒一粒に旨みがギュッと濃縮されている「宗像の元気つくし」。
元気つくしという品種は九州宗像市では2011年頃から本格的に栽培が行われ始めました。なので、「元気つくし」という名前を聞いたことがない方もいらっしゃると思います。
実が小ぶりなので旨みが凝縮されている分、量がなかなか収穫できない貴重なお米です。そのもちもちとした食感は冷めても保たれるのでお弁当やおにぎりにも最適です。

夏の暑さに強く、品質が劣化しないのも特徴です。 光沢が良く、適度な粘りと甘みがある水稲うるち米です。

感動の味 特別栽培・減農薬の玄米 元気つくし

品質安心・安全のJAS基準を超える水準を目指しています!

JAS(有機農産物)

※JAS基準では、一部天然素材系の農薬は使用してよいことになっています。

福島県認証農産物

「kyushu-yasai」基準完全無農薬・無肥料栽培の野菜を目指します!

我々「九州野菜」は、未来を生きる子供たちのために、安全で美味しい野菜を生産している九州の農家と契約をしています。
基本的には、どんな種類の農薬も一切使用していない畑で栽培され、出来る限り、肥料さえも使わずに(化学肥料、有機肥料を問わず)栽培された野菜を提供することを目標にしています。
これらの条件を満たした栽培をするためには、優れた土壌微生物が活性化した豊かな土の栄養分だけで野菜を栽培することが必要で、この両方をクリアできる農家は、全国的にも数えるほどしかいないのが現状です。

「kyushu-yasai」が販売する野菜は、この基準を目指した野菜、お米です。
一部、JAS基準のものや減々農薬野菜も含まれますが、無農薬や無肥料、無化学肥料で栽培された野菜をお取り寄せできる体制を整えています。

福岡県認証農産物安心をお届けする為に情報を公開します。

今回、ご紹介している宗像の有機米は日本穀物協会の農産物検査を受けていません。その為、法律上「未検査米」という表記になります。
しかし、より厳しい基準の福岡県認証農産物として登録されています。
これは財団法人運営しており、農薬、化学肥料の基準値の5割以下という、減農薬農家と無農薬栽培農家対象とした認証制度です。
お米一つ一つに認証番号がついており、ネット上で登録されているお米の詳細を見ることができるようになっています。

無農薬の玄米とJAS有機あずきで酵素玄米
  • JAS有機あずき(250g)

    JAS有機のあずきで酵素玄米

    JASに認定された丹波大納言あずきです。兵庫県の丹波の自然が多く残る山間で育ちました。栄養価の高い土を作り、種も農家さん自らが選りすぐったもので栽培されたあずきです。
    あずきの詳細はこちら

  • 農薬未使用黒米(250g)

    無農薬(農薬未使用)の黒米で酵素玄米

    九州福岡県の山合いの田んぼで育ちました。黒米は古代米とも呼ばれる事もあります。栽培化された稲に比べて収穫量が少ない為、流通量がとても少ない大変貴重なお米です。

■究極の玄米ごはん(酵素玄米)

酵素玄米(「寝かせ玄米」という言い方をすることもあります。)は、正に「究極の玄米ご飯」と呼んでも過言ではありません。
玄米というと固めの食感だったり、独特の香りを持っていますが、酵素玄米では玄米の特徴を生かし、炊き方と材料を工夫することによっては普段の玄米ご飯とはまるっきり違うものになります。
釜を開けた時の芳醇な香り、もっちりとした食感で米の甘味、小豆の香ばしさ、黒米の栄養価など良いことづくしのご飯です。噛めば噛むほど香りが口の中に広がり毎日でも食べたくなるような新時代の玄米ご飯です。

■九州野菜オリジナル!酵素玄米の作り方

酵素玄米を炊くときは圧力釜を使います。普通の炊飯器でも炊くことは可能ですが、圧力釜を使うと食感がもっちり、しっとりとしてより美味しく出来上がります。

  • 1玄米を軽く洗ってから炊飯器に入れて玄米のメモリまで水を注ぎます。
  • 2あずき、黒米、天然塩を炊飯器に入れます。泡だて器などで「の」の字を書くように水の色が白っぽくなるまで混ぜてから(約10分くらい)炊飯します。
  • 3炊きたても美味しいのですが、酵素玄米の保温機能がついている場合は1日1~2回天地をひっくり返すイメージで混ぜながら2、3日保温してからのほうがもっちりとした食感が楽しめます。
分量
玄米
4合(約600g)
あずき
大さじ2強(25g)
黒米
大さじ2強(25g)
天然塩
小さじ1(6g)

ご購入はこちらから

元気つくし(玄米)
元気つくし(玄米)酵素玄米(寝かせ玄米)セット(あずき250g+黒米250g)
  • 5kg
  • 10kg
  • 20kg
  • 30kg